アシビナー

普天間移設 超党派、歴史的な県民大会

■ 「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、県内移設に反対し国外・県外移設を求める県民大会」

■ 「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、県内移設に反対し国外・県外移設を求める県民大会」(実行委員会主催)が25日午後3時から読谷村運動広場でひらかれた。日米両政府に県内移設の断念を迫り、国外・県外への移設を求める大会決議と、日米地位協定の根本的改定を求める大会bスローガンを採択した。実行委員会は、停滞で会場に到着できなかった人(試算一万人)を含め、参加者九万人と発表した。24日の八重山郡民大会(主催者発表700人)25日の宮古地区大会(主催者発表3000人)を含め、計9万3700人が大会に賛同した。

大会スローガン

■ 日米地位協定の根本的改定をもとめる。
■  返還後の跡地利用を促進するため、国の責任で、環境浄化、経済対策などをもとめる。
■  返還に伴う、地権者補償、基地従業員の雇用確保を国の責任で行うようもとめる。

img-427091536-0001nimaime2010年4月26日 月曜日 沖縄タイムス紙

img-427105319-nimaime2010年4月26日 月曜日 琉球新報紙

ページの先頭へ