アシビナー

旧大宜味村役場庁舎米寿祝い・ シンポジウム

 

■ 旧大宜味村役場庁舎米寿祝い ・ シンポジユウム

 ■ 場所:旧大宜味村役場庁舎及びその付近
■ 主催:旧大宜味村役場庁舎米寿祝い(トーハキユーエー)実行委員会
大宜味村・大宜味村教育委員会・大宜味村区長会・大宜味村商工会・大宜味村老人クラブ連合会
大宜味村婦人連合会・大宜味村青年団協議会・趣旨に賛同する個人
■ 午後2時~午後4時 記念式典・米寿祝い(トーハキユーエー)
■ 午前10時~午後1時 基調講演及びシンポジュウム
■ 期日:平成24年11月17日(土)
■ 参加料無料

  

 

■ 1、講演会 午前11時~11時

演題:「風土建築家 清村 勉」 について
講師:木下 義宜氏

■ 2、シンポジュウム 午前11時~午後1時

テーマ:「長寿・現役の旧役場庁舎からのメッセージ」仮称)

コーディネーター
玉城 朋彦 ((株)メディアエキスプレス)

パネラー 
原 昭夫 (NPO復興まちづくり研究所副理事l長・元名護市職
              
でまちづくり等を担当)
根路銘 安弘 ((株)根路銘設計)
赤嶺 和雄 (㈲設計同人GAN)
磯 達雄 ((株)フリックスタジオ、建築ジャーナリスト)
渡久地 克子 ((株)ライト工務店)
米須 邦雄 (米寿祝実行委員会事務局)

 

3022▲ 旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉
■現存する沖縄最古の鉄筋コンクリート造の建築。八角形の塔を中心とする平面、放射線状に配した梁、5角形の柱など、内外観とも洋風装飾を施したモダンな建築。現在、村誌編纂室に、一部は村の資料館的場として開放されている。

 

3021 ▲ 旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

■大正年代に研究熱心な若き設計者の沖縄のj建築に対する思いと、卓越した技術を持つた大宜味大工の見事な技が表現された、とてもモダンなこの建物は、鉄筋コンクリート建造物としては、県内最高齢であり今年米寿(トーハキ)を迎える。
現代の鉄筋コンクリート建造物の寿命が役50年と言われる中で、威風堂々健康長寿かつ現役であることから平成9年には沖縄県有形文化財に指定され、県民の貴重な文化遺産ににもなつている。当時の建設に関わった先達の思いを偲び、知恵を学び、80年余大宜味村の村勢を見守ってきた旧庁舎の苦労をねぎらい、再評価し、今後の更なる長寿を祈念する意味で米寿(トーハキ)祝いを開催する。

 

3047

 ▲琉球新報 2012年11月14日 より転載

3008

 

3015▲ 旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3011▲旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3009

 

3023

3013▲旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3014▲旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3012▲旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3024

▲旧大宜味村役場 1925年竣工  ■ 設計:清村 勉

3025

 

▲旧大宜味村役場 1階平面図   ■ 設計:清村 勉

 

3026

 

▲旧大宜味村役場 2階平面図   ■ 設計:清村 勉

 

3027

 

▲旧大宜味村役場 立平面図   ■ 設計:清村 勉

 

3029

 ▲村史編さん室だより 第17号 2012年9月1日

 3030

▲村史編さん室だより 第17号 2012年9月1日

3038

3031

▲村史編さん室だより 第18号 2012年10月1日

3032

▲村史編さん室だより 第18号 2012年10月1日

3042

▲ドキュメンタリー映画「森聞き」上映協力券

 

 

3045

▲村史編さん室だより 第19号 2012年11月1日

 

3046

▲村史編さん室だより 第19号 2012年11月1日

 

3043

 

3062 

 ▲沖縄タイムス 2012年11月19日より転載

3063

▲ 週刊 タイムス住宅新聞 2012年11月23日より転載

 

3076

▲ 週刊 タイムス住宅新聞 2012年12月7日より転載

 

■ シンポジウム 

テーマ:「長寿・現役の旧役場庁舎からのメッセージ」

3061

 ▲

3059

3064

3065

 

3066

3067

 

ページの先頭へ