野石積みの家・草花木

アカバナー(ブッソウゲ)

□アカバナー(ブッソウゲ)
□ 科目:アオイ科
□ 原産・分布:中国南部・インド
□生えている場所:鉢植

□熱帯・亜熱帯地域に約250種分布している。本種は、沖縄を代表する花木の一つで、真っ赤な花は、開放的な常夏の島を象徴する。沖縄への到来は16世紀頃といわれる。和名の由来は、花を仏間に供えた等と伝えられるが定かでない。

861--1014

862---1014

863---1014

864---1014

865---1014


867

868---1014△撮影年月日:2010年10月10日

879---1014△撮影年月日:2010年10月12日

880---1014△撮影年月日:2010年10月12日

ページの先頭へ