野石積みの家・草花木

ノカンゾウ(アキノワスレグサ)2011・10

■ノカンゾウ(アキノワスレグサ)2011・10

■科目:ユリ科ワスレグサ属
■生えている場所:④北の庭、門の両脇
■方言名:クヮンソー
■特徴:花は昼間のみ咲く1日花、多年草
■畑のあぜ道や一般の屋敷でよく見かける。葉は20~30㎝、幅10~15㎜の広線形。主脈がへこんでいるのが特徴。9~10月、葉の間から太い花茎を直立させ、ろうと状の花を5~6個くらい開く。我が家では昼、花を摘み取りアマス漬けにしている。中学生の頃に、葉は7㎝位に切ってクチビルでくわえ草笛としてよく吹いた。10月22日最後の一輪が咲いた。

 1081■突き当たりがヒンプン   △撮影年月日:2011年9月17日

1076△ヒンプン前より道路側を望む

1077△撮影年月日:2011年9月17日

1078△撮影年月日:2011年9月17日

1079△撮影年月日:2011年9月17日

1080△撮影年月日:2011年9月17日

1082

■突き当たりがヒンプン    △撮影年月日:2011年9月17日

ページの先頭へ