野石積みの家・草花木

サンゴアブラギリ2012・6

■ サンゴアブラギリ

■ 漢字名:珊瑚油桐
■ 科名:トウダイグサ科
■ 原産地:グァテマラ (アメリカ熱帯雨林気候区)
■ 生えている場所:鉢植え
■ 撮影年月日:2012年5月27日

 

  花弁が5枚の小さな花をぼつりぼつりとさかせる。花柄の赤色の部分が宝石サンゴの枝の出方に似ていることからサンゴアブラギリとついたようである。中央アメリカ原産でタカサ1mくらいになる落葉の低木で、雨季に葉を着け、乾季に落葉する。幹がトックリ状に肥大し水分を貯める仕組みをもつ。種子でふやせる。

 

1566

▲撮影年月日:2012・5・27

1569

▲撮影年月日:2012・5・27

1567

▲撮影年月日:2012・5・27

1568

▲撮影年月日:2012・5・27

1570

▲撮影年月日:2012・5・27

1571

■ 中央花の上に新しい葉っぱとつぼみが見える  ▲ 撮影年月日:2012・5・30

1572

■ 新しい葉っぱとつぼみ  ▲撮影年月日:2012・5・30

1587

▲撮影年月日:2012・6・4

1588

▲撮影年月日:2012・6・4

1605

▲撮影年月日:2012・6・9

 

 

ページの先頭へ