野石積みの家・草花木

ハナイカダ・葉のほぼ真ん中に花を咲かせる

■ 名:ハナイカダ・葉のほぼ真ん中に花を咲かせる

■ 別名:ヨメノナミダ・ママッコ 
■種類:落葉広葉低木
■科/属名:ハナイカダ科ハナイカダ属
■生えている場所:北庭・西
■撮影年月日:2013・11・24

■葉の葉脈の上えに花を咲かせて、実をならせる不思議な樹です。山野で自生しています。沖縄では大宜味村ネクマチヂ登山道入口駐車場近くでみられます。葉は長さ6~12㎝の楕円形で、縁にはとがった鋭いギザギザがあります。花びらは4枚です。よくわかる樹木大図鑑によると、開花期は5月~6月。我が庭では今咲いている。若葉は山菜として利用することができます。

 
 
4661
  
▲撮影年月日:2013・11・24
 
4662
▲撮影年月日:2013・11・24

4663

▲撮影年月日:2013・11・24

4664

▲撮影年月日:2013・11・24

4665

▲撮影年月日:2013・11・24

4666

▲撮影年月日:2013・11・24

4667

▲撮影年月日:2013・11・24

4668

▲撮影年月日:2013・11・24

4669

▲撮影年月日:2013・11・24 

4690

▲撮影年月日:2013・12・01 

4691

▲撮影年月日:2013・12・01

4692

▲撮影年月日:2013・12・01 

 

 

 

ページの先頭へ