野石積みの家・草花木

サガリバナ

□ サガリバナ

□ 原産地:

□ 科名:サガリバナ科

□ 和名:サガリバナ

□ 方言名:沖/キーフジ、八/ズルカキ

 アフリカからポリネシアにいたる熱帯アジア、台湾、琉球列島の奄美大島、徳之島までに分布する常緑の熱帯の高木で、沖縄では各島の川岸や、湿地帯に生えています。 花は長くたれ下がった総状花序に、上から順次咲き下り、白色をしています。 葉は長い卵状だ円形で、20~30㎝内外にもなり、先端はするどくとがり、葉のふちは波型か、または浅くて頭のまるいギザギザがあり、表面は濃い緑色をしています。

撮影年月日:2020年7月3日  am8:00
撮影年月日:2020年7月4日   am7:30
撮影年月日:2020年7月5日  am7:00
撮影年月日:2020年7月5日  pm9:00
撮影年月日:2020年7月5日  pm9:00
撮影年月日:2020年7月6日   am6:00
撮影年月日:2020年7月6日  am6:00
撮影年月日:2020年7月6日   am6:25
撮影年月日:2020/07/6  am6:30


ページの先頭へ