沖縄の石造文化

おいでよ! 世界遺産今帰仁城跡へ

おいでよ! 世界遺産今帰仁城跡へ 沖縄で世界遺産に会える!

2010年1月22日~2月7日(18:30~21:00)世界遺産今帰仁城跡と桜をライトアップ!

img-116194841-0001

 

 

 

 

世界遺産 今帰仁城跡 観覧料 

・大人 ・400円 ・団体(10人以上)320円  ・小中高生 300円 ・団体(10人以上)240円

お問い合わせ:今帰仁城跡管理事務所 TEL・FAX:0980-56-4400 
  今帰仁城は沖縄島、本部半島今帰仁村今泊の海岸より約1.5㎞ほど登りつめた標高約100Mの古生層石灰岩丘陵上にある。南は懸崖幽谷を隔てて背後の連山につななり、東側は80~100Mの断崖の下を志慶真川が流れ、西から南は台地に続く天然の要塞である。また、今帰仁城は歴史が古いこと、城域が大きいこと、遺構が比較的よく残っていること、縄張りは最高所の主郭を中心に東方下に志慶真郭、西方下に大隈があり、さらに軍事・政治上のみならず、伝説や習俗の上にも大きな役割を果たしてきた。場内御内原の北端に立てば、西に伊江島、北方に伊是名、伊平屋の諸島、はるかかなたに国頭の山々がみえ、北端の辺戸岬前方には鹿児島県大島郡与論島が水平線に浮かんで見える絶景の場所である。

img-131144510-0001

img-131144533-0001

img-131144545-0001

img-131144559-0001

 
 
 

 

 
 
 

 

 

 

 

  
 
 
 
 

 

ページの先頭へ